ステファン・ヒュルレマン

「Play Blocks」

2018.11.21(水)~2019.1.15(火)

アート&カルチャー

銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイは、街にひらかれた劇場です。さまざまなクリエイターの独創的な視点を通して、エルメスが毎年掲げる年間テーマを表現します。
2018年のテーマは「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」

つみきでできた素晴らしい世界にようこそ。イマジネーションが展開し、空想が本物になっていきます。変化にまかせて、あと少しでカラフルなつみきで馬が出来上がります。やがてこの馬は羽がついた鞍を身に着けて空高く飛んでいくのでしょうか?それも職人の仕事次第。熱心なつみき職人がこの空想が現実のものになるように一生懸命働いています。小窓では素材から変わっていく、つみきが置いてあります。あとはかたちとなるだけ。やがて、現実を超えたインスタレーションになっていくでしょう。

アーティストプロフィール


ステファン・ヒュルレマン
1972年、スイス生まれ。チューリッヒ拠点の建築家、デザイナー。建築、家具、プロダクトデザインをはじめ、特別な体験を作り出すような企業のインスタレーションも手掛ける。チューリッヒ工科大学にて建築を学んだあと、ハンス・ウェツスタインのパートナーデザイナーとして活躍。2008年、ウェツスタインの他界に伴いスタジオのクリエイティブ部門の責任者となり、2016年には事務所を本人の名前に変更した。