Pip & Pop

「虹のなか」

2018.5.24(木)~7.1(日)

アート&カルチャー

銀座メゾンエルメスのウィンドウディスプレイは、街にひらかれた劇場です。さまざまなクリエイターの独創的な視点を通して、エルメスが毎年掲げる年間テーマを表現します。
2018年のテーマは「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」

あまりにも遊びに没頭して、現実と想像の世界がわからなくなってしまうこと・・・。たとえば、宝探しゲームをしているとき。冒険に夢中になって、キラキラと輝く宝ものに近づいていくと、その周りの世界が突然、色鮮やかな虹色に彩られて見えること。不思議な色の岩の上を、一歩一歩、落ちないように気をつけながら前に進む女性には、きっとそんな景色が見えているのかもしれません。

アーティストプロフィール


Pip&Pop (タニヤ・シュルツ Tanya Schultz)
オーストラリア人アーティスト、タニア・シュルツはPip & Pop(ピップとポップ)という名前で活動しています。おびただしい量の砂糖、グリッター、菓子、人工の植物、クリスタルや、一般のクラフト材料を使って、鮮やかな色合いのアートワークを制作します。インスタレーションやペインティング、壁画や彫刻といった様々な方法を使い、細部まで精密に作られた作品を通して、世界観、ユートピア的な夢、つかの間の喜びを表現しています。