2018年のテーマ「演じる。遊ぶ。プレイフルな人生!」を締めくくる12月になりました。
ゲームに取り付かれた主人公たちの波乱万丈なコメディー2本『チェス狂』『とらんぷ譚(ものがたり)』をご紹介いたします。

12月のル・ステュディオでは、ゲームに取り憑かれた主人公たちの運命をコメディー作品でご紹介。

【あらすじ】
ソ連の巨匠、フセヴォロド・プドフキンがニコライ・シピコフスキーと共に監督した、サイレントの短編『チェス狂』では、結婚祝いよりもチェスに夢中な主人公と、彼に頭を悩ませる婚約者が巻き起こす騒動をテンポよく描写する。フランスの映画監督で、演劇界でも活躍したサッシャ・ギトリが、自ら書いた原作を基に監督・脚本・主演した『とらんぷ譚(ものがたり)』は、一夜にして天涯孤独となった少年の波乱万丈な人生を、ギトリ特有の軽快なユーモアを交えながらモノローグ形式で辿ってゆく。人生の極意が詰まった珠玉の喜劇二連発。

予約開始:11月10日(土)11:00~
ご予約は、鑑賞ご希望の上映日の3週間前11:00より、順次受付開始となります。

以下のページよりご予約ください。(※事前に会員登録をお願いいたします)
http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-studio/archives/798550/

カテゴリ

最近の投稿