フラヌール - いつでも、そぞろ歩き: フラヌールの彼方

【シネマ】『アンダルシア』

2015.4.4(土)〜2015.4.29(水・祝)

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2015年は『フラヌール - いつでも、そぞろ歩き。』をテーマにお届けいたします。
4月は、束縛から逃れ放浪の自由を愛する男を描いたアラン・ゴミ監督の『アンダルシア』です。

『アンダルシア』Andalucia by Alain Gomis

2007年/フランス/90分/カラー/35mm
監督: アラン・ゴミ
制作: アンヌ=セシル・ベルトモー
脚本: アラン・ゴミ、マルク・ヴェルス
出演: サミール・ゲスミ、デルフィーヌ・ジング
音楽: シャビエル・カペラス、パトリス・ゴミ
字幕: 寺尾次郎
配給: Eurozoom

andalucia3フランス人で、マグリブ系移民の息子であるヤシーヌは、自由を求めて旅に出る。束縛もなければ定まった仕事もないヤシーヌは、パリの昼と夜をさまよいながら、奇妙な巡り合いを通して、その瞬間瞬間の人生を生きる。幼なじみのジブリルとの再会や、自分の家族、異国の人々との対話を経て、彼は自身の出生や満たされぬ思い、フラストレーション、さらにはフランスと北アフリカという二つの文化のどちらにも完全に所属できない複雑な思いを痛感することになる。パリの様々な通りからスペインのトレドの通りまで、この映画はヤシーヌが自身のアイデンティティーを求める道のりを、時にシリアスに、時に滑稽に、そして詩的に物語っている。

アラン・ゴミ Alain Gomis
1972年、セネガル生まれ。セネガル人の父とフランス人の母を持つ。パリ第一大学(パンテオン・ソルボンヌ)で演劇の修士号を取得。2001年のデビュー作『L’ Afrance』では、ロカルノ国際映画新人監督部門でYouth Jury Awardを受賞。2014年までに15の映画祭で、8回の受賞歴を持つ。3作品目となる『Tey』(2012年)はベルリン国際映画祭で称賛を浴び、2013年には同作でワガドゥグ汎アフリカ映画祭(FESPACO アフリカで最大の国際映画祭)でグランプリを受賞する。

【上映スケジュール】
上映日: 4月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、29日(水・祝)

【上映時間】
11:00/14:00/17:00

【会場】
銀座メゾンエルメス10階 ル・ステュディオ(東京都中央区銀座5‐4‐1)

予約開始:3月14日(土)11:00
予約方法:3月14日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

※ご予約は、鑑賞ご希望の上映日の3週間前の11:00からとなります。
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※本上映会はデジタル・ベータカムによる上映となります。