夢を追いかけて:愛を探して

『恋する男』

2019.6.1(土)~ 6.30(日)

アート&カルチャー

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2019年のテーマは「夢を追いかけて」。
6月は、純情な青年の可笑しな恋模様をサイレント風に描いたフレンチコメディの傑作『恋する男』をお届けします。


『恋する男』Le Soupirant
1962年/フランス/83分/モノクロ/ブルーレイ
監督:ピエール・エテックス
脚本:ピエール・エテックス、ジャン=クロード・カリエール
撮影:ピエール・ルヴァン
出演:ピエール・エテックス、クロード・マッソ、ドニーズ・ペロンヌ、ローランス・リニェール、フランス・アルネル

天文学の研究に没頭する青年ピエール。両親に結婚を勧められたことをきっかけに、運命の相手を求めて街へ出るものの空振りばかり。意気消沈しているところに、酔って上機嫌なローランスと知り合うが、やがて彼女は酩酊し、苦労して自宅まで送り届けるはめに。失敗続きのピエールだったが、偶然テレビで目にしたシャンソン歌手のステラに一目惚れしてしまう。のぼせ上がった彼は、部屋じゅうを彼女の写真やポスターで埋め尽くし、いざプロポーズせんとステラの楽屋に潜り込むのだった。1962年に製作された本作だが、主人公がまとう空気はサイレント映画のそれを思わせる。エテックスの道化師としての才能が存分に発揮されたフレンチコメディの傑作。

ピエール・エテックス Pierre Étaix
1928年生まれ。ジャック・タチの『ぼくの叔父さん』(’58)で映画界に入る。1962年に、ジャン=クロード・カリエールが共同脚本を手がけた『恋する男(女はコワイです)』で長編監督デビュー、続いて『ヨーヨー』(’65)、『健康である限りは』(’66)、『大恋愛』(’69)などの作品を発表し、その卓越したスタイルは国内外で大きな話題となる。70年代以降、劇映画の監督からは遠ざかるが、俳優として様々な巨匠たちの作品に出演した。また『大恋愛』で共演した道化師で女優のアニー・フラテリーニと結婚し、国立のサーカス学校を設立するなどその活躍は多岐にわたる。監督作品の権利問題が解消された2009年以降は日本をはじめ世界中で特集が組まれるなど再評価が進んだが、2016年に惜しまれつつこの世を去った。

上映スケジュール


6月1日(土)、6月2日(日)、6月8日(土)、6月9日(日)、6月15日(土)、6月16日(日)、6月22日(土)、6月23日(日)、6月29日(土)、6月30日(日)

上映時間


11:00/14:00/17:00

会場


銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)

予約


予約開始:5月11日(土)11:00
予約方法:5月11日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

※ご予約は、鑑賞ご希望の上映日の3週間前の11:00から可能です。
※2019年6月は一部異なります。
(予約開始時間の11:00付近は、アクセスが集中し繋がりにくい場合がございます。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。)
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※上映会は、中学生以上の方にご参加いただけます。

お知らせ
システム移行のため、6月の最終週の予約開始日が通常とは異なります。
6月22日、23日、29日、30日の予約が6月1日にまとめてスタートします。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。