夢を追いかけて:魔法の愛

『悪魔が夜来る』

2019.5.3(金・祝)~ 2019.5.26(日)

アート&カルチャー

ル・ステュディオは銀座メゾンエルメス10階にある40席のプライベートシネマです。
2019年のテーマは「夢を追いかけて」。
5月は、悪魔の悪だくみに翻弄されながらも愛し合う二人のロマンティックな幻想譚『悪魔が夜来る』をお届けします。


『悪魔が夜来る』 Les Visiteurs du Soir
1942年/フランス/120分/モノクロ/ブルーレイ
監督:マルセル・カルネ
脚本:ジャック・プレヴェール、ピエール・ラロシュ
撮影:ロジェ・ユベール
出演:アルレッティ、マリー・デア、フェルナン・ルドゥー、アラン・キュニー、マルセル・エラン、ジュール・ベリー

15世紀フランスの伝説に基づく物語。美しき五月のある日、城では婚約の宴が続いていた。そこに紛れ込んだ吟遊詩人のジルとドミニク。二人は悪魔が人間たちを絶望に陥れるため地上に遣わした使者であった。ジルたちは不思議な力を使って城主の娘アンヌとその婚約者ルノーを誘惑し、破滅に導かんとする。しかし悪魔と契約を交わしたにもかかわらず、わずかな良心を残すジルは本来の目的を忘れアンヌと恋に落ちてしまう。そして嵐の夜、ついに悪魔自身が姿を現す。本作はナチス占領下の厳しい時代に製作されたこともあり、劇中には反ファシズムのテーマが垣間見える。映画史に燦然と輝く監督と脚本家の名コンビ、カルネ=プレヴェールによって作り出された美しき幻想譚。

マルセル・カルネ
1906年パリ生まれ。専門学校で写真を学び、撮影助手として映画界でのキャリアをスタートさせる。ジャック・フェデーの助監督などで経験を積み、1936年にプレヴェールとともに手がけた『ジェニイの家』で監督デビュー。以降二人で『霧の波止場』(’38)、『悪魔が夜来る』などの傑作を生み出し、フランス映画界を牽引してゆく。1945年に製作した『天井桟敷の人々』は、大きな評判を呼び、彼らの記念碑的作品となった。1946年『枯葉〜夜の門〜』を最後に、長く続いたコンビを解消。その後カルネは『嘆きのテレーズ』(’53)といった良作を作ったものの、かつての栄光は取り戻せず1996年逝去した。

上映スケジュール


5月3日(金・祝)、5月4日(土・祝)、5月5日(日・祝)、5月6日(月・休)、5月11日(土)、5月12日(日)、5月18日(土)、5月19日(日)、5月25日(土)、5月26日(日)

上映時間


11:00/14:00/17:00

会場


銀座メゾンエルメス ル・ステュディオ(東京都中央区銀座5‐4‐1 10階 TEL: 03-3569-3300)

予約


予約開始:4月12日(金・祝)11:00
予約方法:4月12日以降、「予約」ボタンよりご予約ください。

※ご予約は、鑑賞ご希望の上映日の3週間前の11:00から可能です。
(予約開始時間の11:00付近は、アクセスが集中し繋がりにくい場合がございます。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。)
※満席の場合にはご予約頂けませんが、当日キャンセルのあった場合は、会場にて先着順でご鑑賞いただけます。(上映時間5分前に会場に直接お越しください。)
※上映会は、中学生以上の方にご参加いただけます。