MONIKA SOSNOWSKA: GATE

【アート】「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展

2015 .1 .20 (火)~3 .31 (火)

「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展
MONIKA SOSNOWSKA: GATE

展覧会概要
作家プロフィール
基本情報

展覧会概要
モニカ・ソフノフスカは1972年ポーランドに生まれ、ワルシャワを拠点に活動するアーティストです。60年代にワルシャワで盛んであった前衛芸術に大きな影響を受け、また共産主義の崩壊を祖国にて経験したソスノフスカは、モダニズムに代表される過去の歴史とその現代における変容にインスピレーションを受けて作品を制作しています。

壮大なスケールで展開されるソスノフスカの彫刻やインスタレーションは、実在の建築をモチーフにしています。ソスノフスカは、社会主義のもとで権力の象徴を意味した当時の建築や、公共の施設などが壊されていく様を日常生活の中で目の当たりしてきました。かつてのユートピア的意味を失って脱機能化し、崩壊と放棄の過程をたどりながら新しい建築へと移りゆく姿や、その建築の壁、階段、ファサード、窓、廊下などのディテールを断片的に取り出し、その造形をユニークな彫刻としての言語に置き換えていきます。

日本での初の個展となる本展覧会では、個人宅のゲートを題材に新作を発表します。通りから住まいを隔てるゲートは、ここでは個人にも都市にも属さない中立的な形で展示されます。主にスチールを使用し、工業的なプロセスで生み出され、その後曲げられ、ねじられ、歪んだ形のまま、機能をもたずに佇む造形としてのゲートは、本来の機能からは“リタイア”したものでありながら私たちに力強く迫ってきます。世界が自分の周りで崩れ落ちていくという不安や心もとなさ、懸念をもつ私たちに、ソスノフスカは魔法のように、人間に内在する回復力を露にします。政権は崩壊し、夢や希望が弱まったとしても、生き残り、再生していく・・・その力強い表現は、ユートピアと放棄を日常的に目にしてきたソスノフスカならではのメッセージなのかもしれません。

作家プロフィール
モニカ・ソスノフスカ Monika Sosnowska
1972年、ポーランド、リキ生まれ。ワルシャワ在住。ポズナン美術大学、アムステルダムのライクスアカデミー(国立美術学校)にて学ぶ。第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ(2007年)のポーランド館代表。主な個展に、「Monika Sosnowska」(サーペンタイン・ギャラリー、ロンドン、2004年)、「Projects 83」(ニューヨーク近代美術館、2006年)、「1:1」(シャウラガー美術館、バーゼル、2008年)、「The Staircase」(ヘルツリーヤ現代美術館、イスラエル、2010年)、「Regional Modernities」(オーストラリア現代美術センター、メルボルン、2013年)などがある。

基本情報
■ 開館日: 2015 年1 月20 日(火)~3 月31 日(火)

■ 開館時間:
月~土 11:00~20:00(入場は19:30まで)
日   11:00~19:00(入場は18:30まで)

■ 休館日:エルメス銀座店の営業時間に準ずる

■ 入場料:無料

■ 会場:銀座メゾンエルメス8階 フォーラム

■ 主催:エルメス財団