MICRO-EVENTS: TSUNEKO TANIUCHI

「ミクロ・イヴェント」 谷内恒子展

2014.7.18(金)~2014.9.21(日)

「ミクロ・イヴェント」 谷内恒子展
Micro-Events : Tsuneko Taniuchi

2014年7月18日(金)~2014年9月21日(日)
※パフォーマンスお休みのお知らせ: 9/3(水)のパフォーマンスはお休みとなります。

  展覧会概要
  作家プロフィール
  会期中のイベント    [ 『ミクロ・イヴェントn°45』  /  8月3日  ウェディング ]
  基本情報

展覧会概要
谷内恒子は、パリを拠点に活動するアーティストです。これまでにパリのポンピドゥー・センター、パレ・ド・トーキョーを始め、フランス国内外で多数のパフォーマンスや展示を行ってきました。

1995年以来、「ミクロ・イヴェント」と名付けたパフォーマンスを続ける谷内は、パフォーマンスによって社会の多様な層やその役割を代弁しています。現代を生きる様々な女性の姿を演じ、時にはバニーガールに扮して、アートフェアなどのVIPシステムをアイロニカルに表現。自らをVIPと名乗る人物のみにドリンクをサーブします。

また、スーパーで「ひったくりにあった!」という偽りの叫び声を上げたかと思うと、引っ越し荷物と共に自らギャラリーに「移住」することで、都市における居住権の問題を顕在化させるなど、周囲を巻き込み、軽やかな批判精神をもって、精力的にパフォーマンスを続けています。

「日本人」でありながら「フランス人」である谷内の作品は、演劇と行為、現実とフィクション、対話と断絶、男と女、アンガージュマン(政治的・社会的参加)とゲーム、芸術とキッチュというような、概念や価値の境界を行き来しながら、現代の社会において「自分自身になることの正当性」とは何かを問いかけてくるのです。

会期中、谷内恒子は毎日会場に登場し、パフォーマンスを行います。ポンピドゥー・センターで好評を博した「ウェディング・シリーズ」は、パフォーマンスに加え、記録写真・映像などをインスタレーションとして展示。アーティストの活動を多角的にご紹介します。

 

作家プロフィール
谷内恒子 Tsuneko Taniuchi
兵庫県西宮市生まれ。1987年以来パリ在住、同市にて活動。
神戸女学院大学社会学科西洋文化史専攻を卒業し、パリ国立高等美術学校に留学。ニューヨークに一時滞在後、パリを拠点にパフォーマンス、ヴィデオ、写真、インスタレーションを中心に作家活動を続けている。

1995年以来、「ミクロ・イヴェント」と題してパフォーマンスの新しい領域に挑み、これまでに「Rendez-vous du forum」(ポンピドゥー・センター、パリ、2010年)、「La Force de l’Art 02」(グラン・パレ、パリ、2009年)、「Tokyorama」(パレ・ド・トーキョー、パリ、2001年)などに参加、公演を行っている。

 

会期中のイベント
毎日開催 月~土 17:00~19:00 / 日 14:00~16:00 
『ミクロ・イヴェントn°45 /六人の女性のキャラクター + 一人の女性 / 七日間』

アーティスト本人が会場に毎日滞在し、パフォーマンスを行います。現代社会における様々な女性像六人(ウェイトレス、ボクサー、体操選手、ホームレス、ガングロ、忍者)を日替わりで演じます。七日目にあたる日曜日には「一人の女性」=谷内恒子が、六人の女性像がパフォーマンス時にクリエイトした「モノ」と来場者の持ち物を交換する参加型パフォーマンス、『トロック』を開催します。
※イベント詳細につきましては、こちら

8/3(日)
『ミクロ・イヴェントn°46 /ウェディング、東京』

2002年より継続され、約250件の結婚が成立している「ウェディング・シリーズ」の東京版。アーティスト本人と結婚する方(性別不問・複数可)を公募し、会場内で約20組分の結婚式を同時に開催します。参列者は当日その場に居合わせる来場者の皆様。パフォーマンスとしての作品に加え、開催後は会場内に写真や映像がインスタレーションとして展示されます。
※募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。イベント詳細につきましては、こちら

基本情報
会期: 2014年7月18日(金)~2014年9月21日(日)
月~土曜11:00~20:00(最終入場19:30)
日曜 11:00~19:00(最終入場18:30)
会期中無休 入場無料
会場: 銀座メゾンエルメス フォーラム(中央区銀座5-4-1 8階 TEL:03-3569-3300)
主催: エルメス財団
後援: 在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本