Hermès Avec Elle

「彼女と。」 ― エルメスが贈る、シネマ体験。

イベント

映画とはサヴォワールフェールや独自の視点、さらには職人たちのチームワークによってつくりあげられるもの。まさに、エルメスのものづくりがそうであるように。エルメスは冒険者であり、冒険から生まれる物語の語り手でもあります。

舞台となったのは、東京・六本木の国立新美術館。「彼女と。」は2018年7月11日から30日まで約3週間にわたる展覧会。本展覧会の演出を手がけたのは、自身も映画をつくりキュレーターとしても活躍するロール・フラマリオン。エルメスのレディス部門のアーティスティック・ディレクターであるバリ・バレと、レディスプレタポルテのアーティスティック・ディレクターのナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーによる監修のもと、エルメスのアイテムを手掛かりに描かれる新たな世界。国立新美術館の展覧会場は広大な映画スタジオに変貌し、中ではひとりの女性の人物像を追い求める撮影が行われています。この「彼女」とは、まさにエルメスがずっと思い描いてきた女性。「彼女」は自由で揺るがない、どことなくミステリアスな雰囲気を持つ、感性豊かで情熱的に今を力強く生きる女性です。2018年の秋から冬の季節を舞台に重ねられてゆくシーン「彼女」の姿がだんだんと明らかになってゆきます……

Places Please!(静かに。)

ひとりの「作家」がある女性—「彼女」の存在を追いかけることから物語は始まります。「作家」は観客のみなさまと共に会場内をめぐり、「彼女」の姿を追い求めてゆきます。映画の撮影現場を彷彿させる会場内には、「彼女」にまつわるさまざまなエピソードがちりばめられています。「彼女」をよく知る人物たちとの出会い、「彼女」を断片的に捉えた映像、さらには「彼女」が愛用しているエルメスのオブジェを介して、「彼女」の人物像を捉えてゆきます。どこまでも自由でしなやかに、そして力強く今を生きるアリュールをまとう「彼女」。物語の最後に「彼女」と出会うことはできたのでしょうか。

Lights and camera! (照明、カメラ)

ある日の午後、1人の作家は映画館のスクリーンに映る彼女に出会います。スクリーンを超えて放たれる彼女の存在感とアリュールに魅了され、作家は彼女の存在に近づくことを決めます。ところが彼女は一向に彼の前にその姿を見せぬまま。果たして彼女は存在するのか…… 一方、彼女は自分をよく知る3人の連絡先を作家に残していました。彼はその3人を訪ね、各々に彼女との思い出を語ってもらいます。本人以上に彼女について雄弁に語ることのできる彼らは、見事なまでに彼女の像を描き出してゆきます。彼らの紡ぐ物語の数々が、彼女のさまざまの側面を紐解いてゆくことになります。

Action!(アクション)

彼女への関心が強まるばかりの作家はもう一度彼女に連絡を試み、ついに会う約束をとりつけます。しかし、約束は現実とはなりませんでした。少なくとも作家が望む方法では…… 彼女のアパルトマンを訪れた作家は彼女の存在を近くに感じながら、ひとり思いを馳せ、作家自身の思い描く理想の物語をスケッチしていきます—— ポートレイトというものは、描かれるモデルよりも描く画家本人の人物像を映し出すものです。「彼女」は思いを馳せる誰かであり、「彼女」はあなたであり、わたしでもあり、唯一無二の存在なのです。

撮影中のスタジオセットでは、役者たちがシナリオに命を吹き込みます。

友人による回想シーン
セット
屋外
波打ち際
舞台設定
彼女の友人が話した回想シーン。2人は波打ち際を歩いている。彼女は突然思い立ったように服を脱ぎ、まだ冷たい海へと飛び込む。友人もそれに続く。友人は、彼女といればできないことなど何もないように感じる。
隣人による回想シーン
セット
屋外
パリ、屋根の上
舞台設定
彼女の隣人が語った回想シーン。彼女が即興で開いた屋根の上のパーティーが終わり、めいめいに余韻に浸っている。夜明け。招待客たちは徐々に闇が払われ街が目覚めてゆくのを眺めている。隣人は、彼女といると、まるで魔法にかけられたような気持ちになる。
彼女の家で
セット
屋外/屋内
彼女の庭/家
舞台設定
作家は彼女の家に入る。部屋にあるさまざまなものから、彼女の新しい一面を発見する。作家は、彼女と一緒にいるように感じる。
展覧会名 彼女と。
会期 2018年7月11日(水)〜7月30日(月)終了いたしました
開館時間 10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は21:00まで
休館日 毎週火曜日
会場 国立新美術館 企画展示室2E 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主催 エルメス、国立新美術館
入場 予約制、無料
ハッシュタグ #エルメス彼女と #HERMESAVECELLE